スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
炭火焼肉女
また長いこと更新してないままになっちゃいました(ノд`*)

今、SSの整理をしながら記事を書いています。

近日中に更新できると思います。

それまでのつなぎにと思って

ほのかさんのところから頂いてきた一年目の手紙をやってみました。


↓私の結果
おたまさんの恋人からお手紙が届きました。

今日って何の日か知ってる?おたまのことだし、まぁ分かってるよね。そうです、付き合って1年が経った日です。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、今日ぐらいは真面目に思ったことを伝えるよ。

とはいえ何から書いたらいいんだろう。
この前テレビに出てたアームレスリング女子チャンピオン、おたまより腕が細かったよね…。
わざわざ記念日に書くようなことじゃないか(笑)。この話はやめよう。

最近わりと不穏な空気になるよね、うちら。この前も、おれが友達と遊びにいった後から「私も暇だったし会いたかったのに」とかグチグチ言ってて喧嘩みたいになったんだよな。
おたまは「こうしてほしい」とか言いたいことをちゃんと言わないわりに、溜め込んでから後で文句を言うでしょう?もうちょっと清々しく付き合えないもんかなぁと思うよ。

正直なところ、最近おたまと会ってても楽しくないんだよね。あんなに笑顔だったおたまが、最近は我慢したり不満そうにしたり怒ってばかりいる気がする。それもおれのせいなのかな…。おたまがそんなだから、なんだかおれは疲れてきていると思う。
おたまって付き合う前は恋愛以外のことでも一生懸命だった気がするし、輝いて見えた気がする。でもここのところは、そういうおたまのいいところが見えない。もっとしっかりしていたと思うんだけどな…。

…って内容が暗くなってきた…。
記念日ぐらい前向きなことを書かなきゃな。

なんだかんだ言って、おれはおたまには感謝してるんだ。
おたまって炭火焼肉みたいなもんで(肉汁が出るという意味でなく)、直火と違ってじわじわとした暖かさをくれる。おれのことを理解してくれているし、ときには気付かなくなるときもあるけど、振り返って考えればこの一年間は居心地が良かったと思う。

おたまが言っていた「どんなに困難があっても二人の気持ちさえブレなければ大丈夫だよね」っていうセリフをおれは今でも大切にしているし、おれもそう思っている。だから、これからの一年も、また次の一年も、一緒にいられると思ってるし、一緒にいたい。

これからも決して平坦ではないと思うけど、お互いを信じて乗り越えていこう。あ、それと、寝てる間におれのすね毛を剃るのはやめてくれ…。

では、これからも末永くよろしく。おたまがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.おれの部屋に来るたびに「痩せた子供の霊が隅っこで見てる」とか言うなよ…。



おたまさんについての分析結果は以下の通り。

【こんな問題ありませんか?】
◆アプローチが下手で、もじもじしてしまう。
◆付き合うと、やたらと泣かされる。
◆強くなりたいと思うが、なれない。

【分析と課題】
おたまさんは、まず付き合う前の段階ではかなり消極的な部類に入ると思われます。アプローチという点でもそうですし、恋愛以外のことでもわりと周囲に流されたり自分の意見を言わなかったり、ときに愚痴の引き受け役や八つ当たりの引き受け役になってしまうなど、消極性で損することも多いのではないでしょうか。

付き合った後も、我慢が続くかもしれません。うまく気持ちが伝えられないこともあり、またおたまさんとは正反対の、気持ちをあまり分かってくれないタイプを好むこともあり、おたまさんは彼氏ができてもなかなか理解されないかもしれません。それによって我慢したり、重苦しいことを言っては相手と喧嘩になるなど、泣かされる場面が増えそうです。

おたまさんは、自分の自信の無さや、自分の弱さを呪うかもしれません。したがって強くなりたいと思うかもしれません。しかし大事なことは強くなったり一人で生きられるようになることではありません。それではおたまさんらしさが欠けてしまいます。大事なことは「人に頼らない」「強さを獲得する」ということではなく「頼っても大丈夫だった」「弱さを受け入れてもらえた」という経験をすることです。

自分をどうすれば受け入れてもらえるか、そこがおたまさんの最初の課題だと思われます。

【恋愛キーワード】
「天然」「ユルそう」「もじもじ」「沈黙」「男友達」「痛みが分かる」「ふられる側」「ドキドキさせる」「執着心」「束縛」

【最後に】
おたまさんは、もはや振り回される恋愛に疲れきっていたり、なかなか勇気の出ない自分に情けなさを感じているかもしれません。なぜ男性が冷たくなっていくのか、なぜ自分ばかりが一生懸命なのか、どうすれば恋愛はうまくいくのか、「?」でいっぱいかもしれません。傷の深さによっては「男なんて」と言いたくなるかもしれません。

そういう状態になると「いかにイイ男を探すか」に力を注いでしまい、より恋愛対象が狭まる現象が起きるかもしれません。それはそれでいいのですが、自分以外の「外」の改善を求めるならば、同時に「内」の成長も必要ではないでしょうか。おたまさんが男性を理解して余裕を持ち、そして男性のいいところを引き出せれば、完成品の男性を探す必要はないのです。



以上のような結果が出ました。

全体的に垢抜けない雰囲気が漂ってますね。。。(ノд`*)

自己分析ってどうしても主観が入っちゃうから難しいけど

私って周りから見ると、こういうキャラなのかな^^;


お友達の皆さん

こんな私だけど これからも仲良くしてね☆§*^-^*§
スポンサーサイト
【2009/04/17 10:32 】
未分類
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。